2019年1月スタートの冬ドラマも弁護士系ドラマがいくつか見受けられますが、中でも注目は竹内結子さんが久しぶりの連ドラ主演ということで、話題になっている『スキャンダル弁護士QUEEN』。

1月10日(木)よる10時から放送開始の『スキャンダル弁護士QUEEN』は法廷シーンなし?どんな話?キャスト出演者や、あらすじ、相関図など気になる情報などについて紹介していきます。

\見逃し無料配信はこちら/

今すぐ見る

Sponsored Link

 

『スキャンダル弁護士QUEEN』のキャストと相関図。


氷見江(ひみこう)弁護士・・・竹内結子

与田知恵(よだちえ)弁護士・・・水川あさみ

藤枝修二(ふじえだしゅうじ)弁護士・・・中川大志

東堂裕子(とうどうひろこ)女性記者・・・泉里香

鈴木太郎(すずきたろう)弁護士事務所副所長・・・バカリズム

真野聖子(まのせいこ)事務員・・・斉藤由貴

ほか

現在発表されているキャストは上記の俳優さんだけですが、今後も追加キャストが発表され次第追記します。

引用:https://www.fujitv.co.jp

竹内結子さん演じる氷見江は、弁護士ながら専門は危機管理。

その主戦場は、法廷ではなくスキャンダルの裏側で、これまで社会的窮地にいるクライアントを99.9%の確率で救ってきた天才トラブルシューターで、必要ならば、嘘さえも正義に変えてしまうスピン・ドクター。

氷見のもとに舞い込んだ、パワハラ、セクハラ、名誉毀損、損害賠償などの問題を解決するべく周囲や世論を振り回し、振り回されながら人心掌握・情報操作など特殊な技術を駆使して奔走する姿が描かれています。

氷見江は、天才的な頭脳を持ち仕事に対しては厳しいが、それは困った被害者を救うため。

発言がコロコロ変わる気分屋の一面も。

水川あさみさん演じる与田知恵は、氷見と同じく危機管理を専門にする弁護士で、氷見にとっては右腕のような存在であると共に友達のような関係でもある。

容姿端麗で、アメリカの最難関ロースクール出身という華やかな経歴を持つ一方で、どこか抜けていて鈍クサい弁護士・藤枝に中川大志さん。

バカリズムさん演じる鈴木太郎は、仕事は全部、氷見たちに丸投げのおぼっちゃまな副所長。

斉藤由貴さん演じる真野は、バツイチ子持ちで喜怒哀楽をほとんど見せなずマイペースに事務作業をこなす一方で、高度なハッキング技術を持ち、フェイクニュースさえも作り上げる事務員。

泉里香さんが演じるのは、テレビ局に勤務する敏腕女性記者。

上昇志向の塊で、何があっても最優先は真実を突き止め、スクープを取ること。

氷見と東堂の情報の駆け引きにも注目。

学生役のイメージが強い中川大志さんの、スーツ姿も楽しみですね♡

衣装といえば、世界を代表するラグジュアリーファッショングループ<ケリング>の<ブシュロン>とのタイアップをはじめ、同グループの世界的なブランドが初めて全面的に衣装協力するというのも驚きです。

世界最高峰のジュエリーやファッションにも注目です!

 

NEWS!2019年2月27日に竹内結子さんがご結婚されました♪

お相手の男性は現在放送中のグッドワイフに出演されている俳優の中林大樹さんだそうです。お二人とも連ドラ出演中の発表でした。

おめでたい♡

中林大樹さんも出演中の「グッドワイフ」キャストやあらすじはこちら

スキャンダル弁護士QUEENのあらすじ。

主人公の氷見江は、大手弁護士事務所で危機管理を専門に担当する異色の弁護士。

そんな氷見のもとにさまざまなスキャンダルが舞い込み、さらにそのスキャンダルを巡ってどんどん騒動が起こる中、完膚なきまで論理的ながら口の悪い同僚の弁護士・与田、エリートなのに底抜けに頼りない弁護士・藤枝、無責任さにかけては右に出るものはいない?弁護士事務所副所長の鈴木、必要とあらばハッキングまでこなす謎多き事務員の真野。

「危機にある女性に最後の砦」という信念を持つ破天荒な弁護士・氷見とチーム全体であらゆるスキャンダルに立ち向かい、どれほどの逆境だろうと絶対に覆すことを諦めないノンストップエンターテインメント。

1話完結で放送されます。

1話完結ということで、毎話、豪華キャストも続々出演しそうな予感がしますね。

あまり聞き馴染みのないスピン・ドクターという職業にも注目が集まっていますし面白そうですね♪

スピン・ドクターって?

情報を操作し、裏で社会を動かすといわれるのが“スピン・ドクター”。

日本ではあまり聞きなれない職業を初めて題材にしたドラマです。

情報発信者が誰であろうと、多かれ少なかれその情報が自分にとって得か損か?という心理が動いてしまうもの。

そんな中でも、情報を自分にとって有利な方向へ仕向ける特別な技術を持ち、その技術を駆使して緻密な戦略のもと、印象を変え正当化し、人々の心を動かす人間こそがスピン・ドクターという職業です。

私たち自身は、表に出てる情報をそのまま信じてしまっているところもありますが、実はそれさえも情報操作されている。

自分に都合の良い解釈でしか見れていないのです。

スキャンダルなニュースが次々と起こる現代では、その裏側で当事者に本当は何が起きているのかなど知る機会はありません。

全ての情報は開示されていると思い込んでいるだけ。

その背後には、今回竹内結子さんが演じるスピン・ドクターという存在がいるとかいないとか。。

でも、きっとそういう職業の人間たちによって世論は操作されているのが真実だということかも。

Sponsored Link

スキャンダル弁護士QUEENのスタッフ情報と原作は?

脚本:倉光泰子

演出:関和亮

演出は、2014年フジテレビヤングシナリオ大賞を受賞し、2016年に福山雅治さん主演の月9『ラブソング』に抜擢され、その後も『突然ですが、明日結婚します』(2017年フジテレビ系列)、『刑事ゆがみ』、『グッドドクター』(2018年フジテレビ系列)などを担当した倉光泰子さん。

人の心の動きを描くことでは定評がある人気の脚本家です。

演出を担当するのは、日本のトップクリエイター関和亮さん。インディーズの時代PerfumeのCDジャケットを手がけて以降、PV、ジャケットなどのビジュアル面を担当。その他にも、乃木坂46や福山雅治さん、関ジャニ∞、米津玄師さんなどの大物アーティストのMVも手がけてきました。

最近では、星野源さんの『SUN』や『恋』などのMVも大ヒットし話題になりました。

人気の脚本家と、話題の演出家で今期間違いない話題のドラマになると思いますよ。

『スキャンダル弁護士QUEEN』は、倉光泰子さんのオリジナル作品で原作はありません。

スキャンダル弁護士QUEENの主題歌。

主題歌は現在では発表されていません。

竹内結子さんの久しぶりの連ドラ、どんなアーティストが担当するのかこちらも楽しみに待ちたいですね♪

まとめ

2019年1月10日(木)よる10時スタートの竹内結子さん主演『スキャンダル専門弁護士QUEEN』。

日本で題材にされるのが初というスピン・ドクター。

あまり聞きなれない職業ながら、実在するスピン・ドクターの仕事内容にも興味ありますし、久々に連ドラ出演の竹内結子さんの弁護士役にも注目していきたいですね。

個人的には、スーツ姿の中川大志さんも楽しみ♡(笑

放送開始が待ち遠しいですね!

Sponsored Link