7月15日の情熱大陸にも出演される、世界に3人しかいないと言われる戦闘機カメラマンの徳永克彦(とくなが かつひこ)さん!一瞬の判断ミスが命を奪うことになる環境下で彼が撮影する写真は圧巻です。“空撮職人”と言われる徳永克彦さんの経歴や年収、結婚して嫁や子供はいるのか?徳永克彦さんの性格などについてまとめてみました!

Sponsored Link

徳永克彦さんの経歴は?

引用:webery

名前:徳永克彦(とくなが かつひこ)

生年月日:1957年1月13日

年齢:61歳(2018年現在)

出身地:東京都

職業:航空写真家

徳永克彦(とくなが かつひこ)さんは21歳の時に、戦闘機に初搭乗し、還暦を迎えた現在もなお、ずっと戦闘機の写真を取り続けています。

初搭乗で乗った戦闘機はアメリカ空軍のロッキードT-33A練習機だそうです

引用:US AIRFORCE US NAVY&USMC TRAINER

戦闘機に搭乗し撮影する時は「10G」という物凄い重力がかかるそうでかかるそうで、

通常私たちが地上で受けている重力は1Gらしいので、徳永さんはその10倍のG(重力)を受けながら撮影に挑んでいるということになりますね!

10Gというのをなかなか体験する機会がなく想像しにくいですが、ディズニーランドとのジェットコースター系でも最大で2〜3Gだそうなので、10Gがのししかかる環境で写真を撮られる徳永さんは、慣れも多少はあると思いますが、相当キツイですよね!

ちなみに、入りたてのパイロット訓練生のなかでは3Gを超えたあたりから気絶してしまう方も少なくないそうです。

そりゃそうですよね、落下系のアトラクションで体感するあのフワッとする感覚が重力が増しながら長時間続くんですからおかしくなりますよね。

徳永克彦さんの年収は?億超えの噂も!

10Gものしかかる環境かつ、小さなミスで死に至るかも知れないような環境でお仕事をなさっている徳永さんの年収はどれほどのものなのか、おおよそですが調べてみました。

まず、写真家さんの平均年収は980万円ほどらしいですが、

フリーランスの写真家さんも計算に含まれた金額ですので一概には言えませんが徳永さんは世界で3人しかいない航空写真家のうちに入ってる方なので、同じフリーランスの写真家さんの中でもある程度、収入は安定しているかと思います。

そもそも、徳永さんのような航空写真が需要に対して、撮れる人少ないので写真の価値もそれなりに高いでしょう。

しかも戦闘機は1回飛ばすのに燃料費だけで200万ほどかかるようですし、上空に入れる時間も1時間くらいしかないので、撮影できるのは10〜20枚ほどしかないそうです。

他にも書籍を5作出していて、世界中でメディアにも出演、雑誌のインタビューも数多く受けているそうなので

これらを考慮して、年収は数千万円〜1億数千万になるのではないかと言われています。

機材もかなり高額なものを使うことになるでしょうし。経費だけで数百万こえそうですよね。

 

徳永克彦さんの学歴は?

徳永さんの学歴に関する情報は残念ながら公開されてなかったですが、

航空写真家なので、推測ですが芸術を学べる学校か

航空系の学校に通っていたのではないかと思われます。

詳しい情報が分かり次第、追記させていただきますね!

Sponsored Link

徳永克彦の結婚は?家族はいる?

徳永さんは結婚されているのか調べていましたが、結婚はされているそうで

奥さんはとてもキレイな方だそうです!

お子さんの情報はどこにもあがってませんでしたが、

年間300日以上は撮影かその撮影交渉で世界を飛び回っているそうなので

家族がいてもほとんど会えないでしょうね。

客室乗務員のかたでも、乗務時間制限などがあるんですから、

徳永さんの場合は、移動の際に普通の旅客機プラス戦闘機にも乗られているので

ご家族の方はさぞかし心配なことでしょう。

先程もお伝えしましたが、一瞬の判断が『死』に繋がる環境下でお仕事をされていますし

毎回「これが最後になるかもしれない」と覚悟して送り出すのでしょうから、ご家族の方も大変ですよね。

ですが、世界に3人しかいない戦闘機に搭乗できる航空写真家ということで大変、誇らしくもありますよね!

 

徳永克彦の性格は?

 

 

引用:文集オンライン

「クロアチア空軍の飛行服を着て自撮りする徳永さん!」

 

命の危険も顧みず、とてつもない重力がかかる環境下で仕事を成し遂げれる徳永さんのメンタルは相当強靭ですね。

クライアントの要望に答えるために、妥協は一切せず

ときには、マッハ2,3で飛ぶ隣の戦闘機に「あと10cm左!」などの指示もだすそうですよ!?

引用:THREE C

 

マッハ1=時速約1200キロですからね!?

機材にももちろん金額に糸目はつけず、緻密な計算などもご自身でやられているようなので、責任感が強く、几帳面な方かと思います!

戦闘機を飛ばすのに大事な血税を使うのですから、中途半端になんか絶対にしないという気持ちが素晴らしいです!

まとめ

世界に数人しかいない戦闘機カメラマンとして、活躍されている徳永克彦さん。世界に誇れる日本人としてとても応援したくなりました。還暦を迎えているということで、あまり無理はしてほしくないですが、これからも頑張っていただきたいです!戦闘機の雑誌、写真、映像を見るたびに「あ、徳永さんかな?」って気にして見てみたくなりますね!それにしてもこの迫力と躍動感は凄いです!徳永さんの写真は飾りたくなります!

 

Sponsored Link