2018年秋の月9ドラマは、織田裕二主演の『SUITS(スーツ)』。

アメリカで大ヒットのドラマ『SUITS』を日本版にアレンジしたもので、原作はスタイリッシュでクールな弁護士ドラマですが、織田裕二さん主演で日本版では、どんなドラマになるのか注目が集まっています。

そこで、日本版『SUITS(スーツ)』の見どころや、キャストとあらすじなどをご紹介します。

アメリカ版SUITSとのキャスト見比べも!

 

Sponsored Link

 

 

月9新ドラマ『SUITS(スーツ)』日本版のキャストは?

 

  • 織田裕二/甲斐正午(かい・しょうご)

勝つためなら、違法行為ギリギリでもお構いなしのエリート弁護士だけど、切れ者がゆえに傲慢な性格で周囲と対立してしまうことも。

 

  • 中島裕翔(Hey!Say!JUMP)/鈴木大貴(すずき・だいき)

学歴はないけど、一度見たものは決して忘れない驚異的な記憶力で頭脳明晰。弁護士資格を持たないが、甲斐の部下として働くことに。

 

  • 鈴木保奈美/幸村チカ(ゆきむら・ちか)

幸村ちかは、日本を代表する大手弁護士事務所の代表弁護士。甲斐正午や鈴木大貴の上司で自分の意思を明確に持っていて成り上がってきた女性。自腹で甲斐をハーバード大学に留学させて、優秀な弁護士へと育ててきたので甲斐が唯一頭が上がらない人物。

 

  • 新木優子/聖澤真琴(ひじりさわ・まこと)

父親は敏腕弁護士で、真琴も幼い頃から弁護士を目指しているが司法試験に何度も挑戦するも失敗。パラリーガル(弁護士事務所のアシスタント)として働いている。大貴の人間的な魅力にひかれて恋愛に?

 

  • 今田美桜/谷元砂里(たにもと・さり)

学生時代から中島さん演じる鈴木大貴をさまざまなトラブルに巻き込んできた悪友・谷元遊星(たにもと・ゆうせい)の妹。
兄の友人である大貴を意識し始めて、兄の悪事の片棒を担がされる大貴を心配している。大貴と付き合うことになるかも?

 

  • 中村アン/玉井伽耶子(たまい・かやこ)

頭脳明晰でよく気がきく女性。長年に渡り甲斐の秘書を勤めお互い信頼しあっています。
甲斐と伽倻子の今後の展開も見どころのひとつですね。

 

  • 小手伸也/蟹江貢(かにえ・みつぐ)

甲斐と同じ法律事務所に務める弁護士。甲斐とは若い頃からライバルで、ひねくれ者で嫌味な性格だけどどこか憎めないキャラ。甲斐に継ぐ事務所の稼ぎ頭でもある。

 

  • 磯村勇斗/谷元遊星(たにもと・ゆうせい)

大貴の唯一の親友であり悪友。表向きは派手に暮らしているけど実は借金だらけ。大貴につきまといトラブルメーカーで妹の砂里にしょっちゅうたしなめられている。

 

 

 

織田裕二さんと鈴木保奈美さんといえば、大ヒットドラマ『東京ラブストーリー』での共演以来、実に27年ぶり!!

フジの月9ドラマを有名にした功労者ともいえます。
若い方たちは知らないかもしれませんが、本当に社会現象になるほどの大ヒットドラマだったんですよ。

今作SUITSでは、2人はどんな関係なのでしょうか?

まだ情報が乏しいですが、織田裕二さん演じる甲斐正午が席を置く弁護士事務所の所長役で、上司と部下という間柄のようです。
美人ですが、ちょっと冷たい雰囲気?の鈴木保奈美さんが、織田裕二さんを上司としてビシビシとイジメちゃうんでしょうか(笑。

その他、ドラマ『花のち晴れ』に出演で一躍人気者になった今田美桜さんも決定しています。

まだ今回の日本版SUITSのキャストは現時点(8/14現在)で判明しているのは一部なのでそのほかの出演者、キャストについては情報が入り次第追記します。

ベテランから若手まで幅広いキャストで見応えも充分ありそうですね。
弁護士ドラマということですが、原作のアメリカ版SUITSはどちらかというとシリアス寄りのドラマとなっているそうなので、日本版もコメディー要素は少ないかもしれませんね。



 

SUITS/スーツってどんなドラマ?内容やあらすじは?

そこで、原作のアメリカ版SUITSを知らなかったという方の為にますは本家SUITSのあらすじをご紹介します。

オリジナルのアメリカ版SUITSは、2011年からアメリカのケーブル局で放送されていて、現在シーズン8まで進んでいて大人気のドラマなんです。

舞台はニューヨークのマンハッタン。大手法律事務所で働く凄腕のエリート弁護士ハーヴィー。
どんなに不利な訴訟でも、あらゆる方法で勝利し、事務所内でもトップの実績を誇っています。部下を持たずたった1人で仕事をしてきたハーヴィーに、事務所の所長ジェシカから、部下を雇い事務所へ更に貢献するよう求められ仕方なく面接しました。

 

そこに現れたのが、マイク。

しかも警察に追われていた時に、偶然面接会場に飛び込んできたといいます。
マイクは幼い頃に両親を亡くしていて、育ての親でもあるおばあちゃんの入院費を稼ぐ為に、悪いことに手を染めていたのでした。

初めは、取り合わなかったハーヴィーですが話していくうちに、マイクが驚異的な記憶力を持っていることを知り、部下として採用することに。

 

そこから2人はバディを組み、数々の問題に立ち向かい、絆を深めて最高のコンビとして解決していく様は見ている者もスカッとするようです。

 

本家アメリカ版SUITS/スーツは、舞台がニューヨークのマンハッタンで超敏腕弁護士ということもあり、主人公のハーヴィーはハイブランドのスーツを着こなし、高級車を乗りこなすスパークールガイ。

ハーヴィーを演じるガブリエル・マクトさんがこれまた役柄のイメージにぴったりのイケメン!渋くてカッコイイんです♡

 

 

 

メーガン妃も出演していた!?

実はこのSUITSには、イギリス王室のヘンリー王子とご結婚されたメーガン・マークル妃も7年にも渡り出演していたそうですよ!

メーガン妃がこのドラマ内で演じていた役は、ハーヴィーやマイクと同じ弁護士事務所で働いているパラリーガル(弁護士のアシスタントのこと)のレイチェル。

マイクと恋愛に発展していくという結構重要な役所で、ヘンリー王子と結婚するまで演じていました。

ヘンリー王子とメーガン妃の結婚式には、キャスト陣も参列し祝福していたそうです。

 

なんか素敵ですね〜。イギリス王室に嫁ぐ元共演者を仲間全員で祝福するなんてカッコ良すぎでしょ!

メーガン妃とヘンリー王子の交際が明るみになった時は既にみなさん知っていたのでしょうかね^^;

 

Sponsored Link

 

本家SUITSキャストと日本版SUITSキャスト見比べ

ハーヴィー・スペクター

引用:https://handymikan.com/gaburiel-macht-100

 

甲斐正午(織田裕二)

引用:https://www.yuji-oda.com/

原作でのハーヴィーは、高級スーツをビシッと着こなしていて女性のもモテモテでかなりのプレーボーイという役でもあるので織田裕二さん演じる甲斐正午がどんなハーヴィーっぷりを見せてくれるのか期待したいところですね。

ただ、原作のファンからはイメージが合わない。と言った声も…

でもきっと織田さんなら、カッコイイ敏腕弁護士を演じてくれると信じています。

 

 

マイク・ロス

引用:https://dramanavi.net/news/2018/02/suitsj-2.php

 

鈴木大貴(中島裕翔)

引用:twitter

天才的な頭脳と記憶力を持ちながら、その才能を悪事で使っていましたが偶然ハーヴィーと出会い彼のすごい能力に惹かれ経歴を偽ってパートナーになったマイクがモデルの大貴役は、中島裕翔さん。

甘いマスクの感じもマイクに雰囲気が似ていますが、月9出演は3年ぶりで弁護士役も初めてということで気合い入ってるようです。織田裕二さん演じる甲斐との名コンビが楽しませてくれそうですね。

 

 

ジェシカ・ピアソン

引用:テレ東

 

幸村チカ(鈴木保奈美)

引用:https://fashion-50age.com/archives/9715994.html

弁護士事務所の所長で甲斐たちの上司。自腹を切って甲斐をハーバード大学に留学させ、優秀な弁護士に育て上げた経緯があり、甲斐にとっては唯一頭が上がらない人物です。

レイチェル・ゼイン

引用:Aol.

 

聖澤真琴(新木優子)

引用:エンタメステーション

新木優子さんは、パラリーガル(弁護士事務所のアシスタント)。父親も敏腕弁護士で、自身も幼い頃から弁護士を目指していますが、司法試験になかなか合格できずにいる。

原作では、ハリー王子とご結婚されたメーガンマークルさんが演じていたことでも注目された役。

 

ドナ・ポールセン

 

引用:海外ドラマ情報

 

 

 

玉井伽耶子(中村アン)

引用:GREE

 

原作では、ハーヴィーの優秀な秘書で、ハーヴィーとは検事局にいる時からの付き合いでツーカーの仲。ハーヴィーが検事局を退職した際に一度だけ関係を持ったことがある。ドナポールセンはおしゃれな衣装に身を包み、なんといってもスタイル抜群!中村アンさんにぴったりな配役ですね。

中村アンさんが、どんな優秀な秘書を作り上げていくのか楽しみ。

ルイス・リット

引用:海外ドラマ情報

 

蟹江貢(小手伸也)

 

引用:Realsuond

 

甲斐(織田裕二さん)と同様に、「幸村・上杉法律事務所」に勤める弁護士である蟹江貢(かにえみつぐ)。最大の自慢は、ハーバードのロースクール出身なこと。

甲斐とは、若手の頃からずっとしのぎを削ってきたライバルであり、事あるごとに衝突するが、どこか憎めない存在。

原作でも、このルイスは人気キャラ。小手さんにぴったり!「コンフィデンスマンJP」以来2回目の月9出演でコミカルで愛らしい小手さんの演技にも注目していきたいです。

トレヴァー・ エバンス

 

 

引用:海外ドラマboard

 

谷元遊星(磯村勇斗)

 

引用:テレビジョン

 

 

大貴の唯一の親友にして悪友である谷元遊星(たにもとゆうせい)。悪事に関しては天才!大貴のたぐいまれな?才能を悪いことに利用し、替え玉受験をやらせたりしていた。

磯村勇斗さんは、コンクールで2本のドラマ出演するほど大忙しの若手俳優。

谷元砂里(今田美桜)

引用:芸能特捜隊

今田美桜さんは、「福岡で一番可愛い女子」として地元ではかなりの人気者だった彼女が東京進出して、複数のドラマで活躍中。

今年は、4月〜のクールで話題となった「花のち晴れ」の愛莉役で大ブレイク!
大きな目が印象的で、花晴れで演じた愛莉の衣装なども即完売するほど女子たちの間で話題になりました。

今回の谷元砂里は原作にはない役ですが、兄の遊星とは真逆の正義感の強い性格で、中学生の頃から大貴のことを意識し始め、大貴に悪事をさせる兄をたしなめるしっかり者。

 

その他の出演者の情報などは、わかり次第随時更新していきます。

 

 

今回の月9は海外ドラマが原作という初の試み。

アメリカでは、現在もシーズン8が放送中で大ヒットを記録していています。

本家『SUITS』を全く知らなくても、充分楽しめますが、どんな感じなのか気になった方はこちらの動画でざっくりとイメージがわかると思います。

 

 

因みに、本家のマイクを演じる俳優のパトリック・J・アダムスさんは、シーズン7で降板が確定しているそうです。
実生活で5年間交際してきた方と結婚したし、恋人役だったメーガン妃も当然ながら降板したので、2人のハッピーエンドで去って行く形で終わるようです。

 

日本版SUITSでの甲斐正午演じる織田裕二さんと、大貴役の中島裕翔さんがどんなバディを演じていくのかも楽しみですね。

 

月9SUITSのティザースポットが公開!

原作のファンにはショック!?の方も多いようですが、すでに韓国でリメイクされていて大ヒットしているので、日本でも人気になるかもですよ〜。

公式の予告動画も近く公開されるようなので、そちらも楽しみです♪

SUITS/スーツの主題歌はどうなる?

主題歌決定!!

主題歌を担当するのは『B’z』

今回のドラマの為に書き下ろしたB’zの新曲『WOLF』が月9主題歌に決定したことが発表されましたよ。

「自分の信じる正義のために時に葛藤をかかえながらも、真実を吠える甲斐の姿をイメージした言葉を、B’zならではの思わず体が動くようなROCKに乗せてこの“WOLF”が完成しました。ドラマの中で流れるのがとても楽しみです」

引用:ORICON NEWS

B’zのお二人は今回の曲について語っています。

お二人が月9の主題歌を担当するのは2009年の『ブザー・ビート』の『イチブトゼンブ』以来、約9年ぶりだそうです。

B’zならではの思わず体が動くようなROCKだということなので、ドラマと共にこちらも楽しみですね♪

 

フジ月9ドラマSUITS/スーツの出演者コメント

主演のお二人は、今回のドラマについてコメントしています。

織田裕二

スピーディーでスタイリッシュな演出で、個性的な出演者たちがクスっと笑わせ、飽きさせない作品です。これを日本版ではどう料理するのか、日本ならではの面白さが出せればと思います。

たくさんのファンがいる作品を原作としたドラマ、話を重ねるうちにどこかでこれが“オリジナル日本版スーツ”だというものを、私と一緒に見つけましょう!

引用:フジテレビ

既に大ヒットしているドラマのリメイクは、難しいですよね。オリジナルを知っている方は、こんなの違うよ〜。世界観ぶち壊し。イメージが合ってない。など結構辛口の評価になりやすいですからね。

織田裕二さんも、そこは覚悟の上?で、日本版ならではの楽しみを見出していけるように取り組んでいるようなので、期待しましょう。

 

中島裕翔

自分もメンバーに薦められて見ていた大好きなドラマです。とにかく日本の文化にはない刺激的なシーンやセリフばかりで、その1つ1つが悔しくなるくらいカッコいいのでズルいです。

原作は自分も好きなドラマだけに、マイク・ロスのポジションを自分がやることへのプレッシャーは大きいですが。スタイリッシュでクールで笑えて泣けてキュンとする最高のエンターテイメントを原作の名に恥じぬよう作り上げていきます。原作を見てもらうきっかけにもなれたらと思います。セリフの応酬にも注目していただけたらと。みんなたくさんしゃべります! 是非、ご覧ください。

引用:フジテレビ

 

原作のファンだという中島裕翔さんも、プレッシャーは感じつつも、マイクを楽しんで演じてる様子がうかがえますね。
スタイリッシュでクール、カッコイイ中島裕翔さんのマイクを早く見てみたくなります。

 

お二人とも、大ヒットドラマのリメイクというだけあって、かなりプレッシャーは感じている様子。
フジ月9枠でも、全米大ヒットドラマを原作としてリメイクするのは初の試みだそうで、力の入れようは半端ないみたいです。

 

  • 脚本:池上 純哉。『相棒』シリーズ、『ミス・パイロット』、『ガリレオXX』
    映画「孤狼の血」、「アンダルシア 女神の報復」、「日本で一番悪い奴ら」 などを手掛けた人気の脚本家です。

 

  • 演出:土方 政人。『謎解きはディナーのあとで』、『ゴーストライター』、『大貧乏」他

 

  • プロデュース:後藤 博幸。『花ざかりの君たちへ ~イケメンパラダイス~』、『CHANGE』、
    『5→9~私に恋したお坊さん~』、『ほんとにあった怖い話』、シリーズ映画「任侠ヘルパー」など数々のヒットドラマを打ち出してきた大物プロデューサー。

 

プロデューサーの後藤さんは元々原作のファンだったそうで、日本版を制作できること、織田さん、中島さんがベストキャスティングだということ、ぜひ話題作にしたい!と意気込んでいるようです。

SUITS/スーツは、まだ放送開始前ですが早くも映画化の話も出ているようですよ。

ヒットすればってことにはなりそうですが、韓国でもリメイクされているほど原作のストーリーが面白いので、きっと日本版も話題になりそうです。

SUITS/スーツの感想は?

感想や受け止め方はそれぞれですが、やはり海外物が原作なので、その世界観を日本版でどう描いていくのか、現在まだ未発表の他のキャスティングなどの予想も盛り上がっていました。

主人公のハーヴィーとマイクのセリフの掛け合いや、アメリカならではのブラックジョークなども見どころのひとつとなっているようで、その辺りもどう描かれるのか気になりますね。

また、韓国では既にリメイクドラマが放送されていて、韓国版SUITSはヒットしているようですが、日本版もそれに続くことができるでしょうか。

楽しみにしたい所ですね。

 

まとめ

原作ありきのドラマは、中々難しいところもありますが近年はアニメや、漫画、小説が原作のドラマなどもかなり多くなってきていますよね。

むしろそっちの方が多いくらい?原作ナシのオリジナルストーリーは少ないです。

原作がヒットしたからって、必ずしも上手くいくとも限らないと思うのでベテランスタッフ陣と、役者陣でぜひ頑張って盛り上げて行って楽しいドラマにしてくれることを期待しています。

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link